【限定コースのアイディア】バレンタイン×女子会 - おすすめテーマは「チョコパ」!!

img_0082_hv

2月のメインイベントといったら、やっぱり“バレンタイン”。

今年の2月14日バレンタインデーは火曜日なので、11日(土)あたりから本格的に盛り上がってきそうですね。

 

バレンタインというと真っ先に頭に浮かぶのが、女性が好意をもっている男性へチョコレートを渡すイベントだということ。

しかし、もはや今の時代はカップルのためのイベントにとどまりません。

 

キーワードはやはり“女子会”!

日頃から美味しく楽しく女子会を行っている女性たちにとって、非日常的で期間限定的なコースが味わえる機会はとても興味あるものです。

 

今回は、女子会が大好きな女性のお客様へ提供したい、バレンタインコースのアイディアをまとめてみました。

 

 

バレンタイン女子会コースのアイディア

テーマはチョコレートパーティー

 eb4ad7629df44e19a5c800c721f31979_s

色々な種類のプチチョコデザート盛り合わせをシェアできるようにしてみたり、チョコレートフォンデュを用意したりして、THEチョコレートパーティーが楽しめるコースはいかがでしょうか?

 

女性たちにとっての一番の感動ポイントは、キラキラしたデザートや具材が盛り付けられているお皿が運ばれてきたとき。

盛り付け方や彩りには気を付けたいところです。

 

 

お料理をハート型に

piesheet_img01

(写真:http://community.coop-kobe.net/tane/2015/12/-piesheet.html

 

普段お出ししているお料理も一工夫して、ハート型にしてみては?

ピザをハート型にしたり、お料理自体を変形させるのが難しいようでしたらソースでハートを描いたり。

かたちや盛り付けをアレンジするだけで一気にバレンタイン感が出せますし、お料理に非日常感がでて女性に喜ばれるはずです。

 

限定ドリンクを用意

0_7548151ffbe0f2e1c810a2c181e92fb3356e092cf8b57215

(写真:https://mdpr.jp/gourmet/detail/1646577

 

乾杯用のお酒や食後のホットドリンクに、バレンタインコース限定のドリンクを用意してみてはいかがでしょうか?

 

乾杯用のアルコールでしたらバレンタインカラーをイメージして創作してみたり、チョコレートを使用した食後のデザートドリンクなども喜ばれそうです。

ただし、中には甘いものが苦手な女性もいらっしゃるかもしれませんし、お料理とデザートのペアリングを考えてあわせた方が良い場合もあります。

お店のコース内容と照らし合わせて検討してみてください。

 

低カロリー・低糖質コース

22117

(写真:http://dietclub.jp/news/article/2014/01/30/4235.html

「チョコレート大好き!でもカロリーが気になる…」そう気にされている女性がたくさんいると思います。

そういった女性にも思う存分お食事を楽しんでもらうため、低糖質・低カロリーに抑えたコース料理の提案も評判を呼ぶかもしれません。

 

また、美容に効果的な食材を使ったお料理も女性はとても喜びます。

最近はチアシードなどスーパーフードと呼ばれる健康食品が含まれるお菓子も女性の間で人気なので、これを機にチャレンジされるのもありかもしれません。

 

 

サービスドレスコードを設定

top_img

(写真:http://fashionjp.net/fashionclip/paparazzi/dresscode_vol07.html

 

女子会で人気なことのひとつが、ドレスコードの設定。

ドレスコードといっても、結婚式に参列するようなドレスアップをしてくるだけではありません。

もっとラフに参加者同士でテーマカラーを決め、そのカラーを取り入れたコーディネートをして集合するような感じです。

ファッションに統一感を出すとフォトジェニックな集合写真が撮影でき、参加者同士もより親密になれる感じがするということで流行しています。

 

このような流行を生かして、「○○色を取り入れたコーディネートの方には特別サービス」などのキャンペーンを設定するのも話題を呼ぶかもしれません。

 

 

女子会は美味しさも見た目も大事!

一般的に、女性は男性よりも飲食店を総合的に楽しむ傾向にあります。

お料理も味だけではなく、盛り付けや使われている食器などを目で楽しんだり、空間そのもののオシャレさや清潔さも重要視します。

 

女性の嗜好を理解しやすいのは、やはり女性ではないでしょうか。

女子会コースを企画する際は是非お店の若い女性スタッフの方々にプロデュースを手伝ってもらうのも有効手段だと思います。