飲食店の集客・販促サービス、注意まとめ! - クーポンの上限金額いくらまで?!

飲食店の集客手段のひとつとして、クーポンの発行が多くのお店で行われています。

現代ではグルメ系クーポンサイトも数多く誕生し、クーポンの存在がより身近になってきました。

また、お店をご利用いただいたお客様への抽選会などのキャンペーンイベント開催もありますね。

 

そのようなお客様へのサービスですが、サービス内容によってはある法律が関わっていることを皆さんご存知でしょうか?

今回は飲食店の集客・販促サービスについて、注意点をまとめてみました。

 

 

ケース別!集客・販促の注意点

・割引クーポンを発行する場合

35c80dbe07595b2b6fffee5453508ae1_s

○○割引、○○%オフといった割引形式のクーポンを発行するケースが多くあります。

 

このように利用金額を割引する場合は、特に法律での規制はありません。常識的な範囲内であれば、割引率がどのくらいでもかまわないとされています。

 

お店を利用したことがない人へのお渡しする用クーポンでも、お店を利用してくださったお客様へプレゼントする次回用クーポンでも同じです。

お渡しするケースによらず、特に金額上限の規制はないとされています。

 

 

 

・一品プレゼントのクーポンを発行する場合

79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_s

割引クーポンの次に多いケースは、来店してくださったお客様へお店のメニュー一品や物をプレゼントするクーポンではないでしょうか?

このような一品や物をプレゼントするクーポンを発行する際は、「景品表示法」が関わってきます。

 

 

景品表示法とは?

正式には、不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)といいます。

景品表示法は、商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することなどにより、消費者のみなさんがより良い商品やサービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守ります。

(引用:消費者庁サイトより

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/

 

この景品表示法上、クーポンを利用しての一品サービスや物のプレゼントは「総付景品(そうづけけいひん)」というものにあたります。

総付景品は取引額(つまりお客様のお支払金額)に応じて、サービスできる限度額が下記のように決定されるので注意です。

 

%e7%b7%8f%e4%bb%98%e6%99%af%e5%93%81

 

例えば、4,000円お支払いただけるお客様には800円分までのものでしたらプレゼントすることが可能です。

 

このようなクーポンを発行する際は、「○○円以上ご利用いただけたお客様限定」という記載を忘れないようにしましょう。

 

 

 

・お客様へ抽選会実施の場合

6b165d1ff7c1260269c96a57de133c25_s

「○千円以上ご利用いただいたお客様限定、抽選会実施中!」といったような企画を行っているお店も、たまにお見かけします。

この場合は景品表示法上、「一般懸賞」というものにあたることになります。

一般懸賞は下記のような制限が発生するので注意が必要です。

 

%e4%b8%80%e8%88%ac%e6%87%b8%e8%b3%9e

 

例えば、3,000円以上ご利用いただいたお客様限定での抽選イベントを開催するとします。

この場合、景品ひとつに対する上限額は6万円までとなります。

しかし、6万円の景品を用意できるかは、売上予定総額によります。

このキャンペーンでのお店の売上予定総額が100万であると想定した場合、景品の総額は2万円までとなり、6万円の景品は用意できないことになりますね。

 

 

 

不安な場合は消費者庁へ!

ご紹介したように、ケースによっては景品表示法が関係し、提供できるものに制限が掛かることがあります。

一番無難なクーポンは「○○%オフ」のような割引クーポンだと思いますが、何か工夫してお客様を楽しませたいとお考えの場合はこの法律のことを思い出してくださいね。

 

また、「こんなケースはどうだろう?」と不安な場合は、消費者庁の窓口で相談もできます。

不安が残ったまま実行するのではなく、専門の方に確認してみてください。

 

参考サイト:消費者庁

http://www.caa.go.jp/

※今後、法律の内容が変更になることもあります。ご了承ください。(2016年12月14日現在)