飲食のクラウドファンディング - 成功事例に共通するお店づくりのポイントとは?

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

近年、よく耳にするようになった“クラウドファンディング”。

 

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

(引用:ウィキペディア)

 

さまざまな事業やプロジェクトがこのクラウドファンディングによって成立し、始動されています。

そして、飲食業界でもこのクラウドファンディングを利用することが珍しくなくなってきました。

 

 

今回は、クラウドファンディングによって見事お店をオープンするに至った成功事例をご紹介するとともに、その共通点について探ります。

 

 

クラウドファンディング成功事例

Made in hands(横浜市港北区)

img_117302_1

2016年8月に横浜市港北区日吉にオープンしたのは、こだわりのグルメバーガーが楽しめるハンバーガーカフェ「Made in hands」。

 

東京都神楽坂にある人気バーガーレストラン出身のオーナーが研究を重ねて開発したハンバーガーが楽しめます。パティはもちろん、マスタードやケッチャップまで全て手作り。

 

また、お店をオープンすることはオリジナルのハンバーガーを提供するのみにあらず、ハンドメイド作品のマーケットに対する挑戦でもあるとのこと。

作家の方からハンドメイド作品を格安にてお預かりし、展示販売するコーナーを設けているようです。

 

目標金額70万円に対し、42人の支援者から計835,500円の支援があったプロジェクト。

支援者へのリターンには金額に応じて、ドリンクチケットやハンバーガーチケット、専用のコースタープレゼント、椅子やテーブルにお名前掲載などの特典が用意されていました。

 

 

店名:Made in hands(メイドインハンズ)

所在地:神奈川県横浜市港北区日吉2-2-16 第一マルシンビル2階

営業時間:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)、

17:30~22:00(ラストオーダー21:30)

定休日:月曜日

ホームページURL:

http://www.made-in-hands.com/

クラウドファンディングプロジェクトページURL:

https://motion-gallery.net/projects/made_in_hands

 

 

つがね食堂(山梨県)

49565_lkacdtayca

2017年春のリニューアルオープンに向けて、クラウドファンディングを利用したのは山梨にある「つがね食堂」。

特別な魅力がある「津金」という場所を少しでも多くの人に知ってもらい、好きになってもらいたい。その一翼を担っていけたら、との想いで立ち上げられたそうです。

 

募集開始から約1ヵ月後、目標金額であった150万円を達成。

移転先改装の充実を図るため、達成後も引き続き資金調達を行われています。

 

リターンは、オリジナルグッズや料理体験・農業体験の参加券、お食事の回数券やお米のプレゼントとなっていました。

 

 

屋号:つがね食堂

所在地:〒407-0322 山梨県北杜市須玉町下津金2453

設立:2015年7月4日

ホームページURL:

http://tsuganesyokudo.jimdo.com/

クラウドファンディングプロジェクトページURL:

https://camp-fire.jp/projects/view/12924?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget&utm_campaign=widget

 

 

成功の共通点とは?!

ご紹介した2つの成功プロジェクト。この2つには、「お店の存在価値を明確にアピールできている」ことが共通しているのではないでしょうか。

 

「Made in hands」さんの存在価値は、今まで研究を重ねてこだわり抜いた自信あるハンバーガーを楽しんでもらえる場所であること。そして、従来ではなかなか難しいとされてきた、ハンドメイド商品の気軽な販売環境づくりに繋がること。

 

また、「つがね食堂」の存在価値は、津金という地域の魅力の発信地であること。“食べる”ことを通じてコミュニケーションが生まれる場になっていること。

 

 

そして、これらの「お店の存在価値に多くの共感が得られた」ことがプロジェクトの成功へと繋がっています。

 

 

このことはクラウドファンディングのみならず、飲食店の繁栄の原点だと思います。

みなさんのお店の存在価値は、どのように表現することができますでしょうか?