健康志向のメンズ、増加中! ― 外食も「ロカボ」でこだわる時代に

photo-1455731248858-078f60393874

とあるカフェ。

いつものモーニングをお願いすると、いつもと違うパンがご登場。

「最近、健康志向の男性が多くなってきているみたいで」とカフェのマスター。

 

どうやら最近、健康志向のお客様が明らかに増えているとのこと。

特に30代~40代男性、バリバリ仕事をされていらっしゃるようなお客様のなかで、食材にこだわる方が増えているらしいです。

 

そのようなお客様のなかで、共通のテーマとなっているのが「ロカボ」。

そのカフェでは白い食パンを気にされるお客様が増えたため、ひまわりの種や全粒粉のパンを提供するようになったとのことでした。

 

 

「ロカボ」とは?

shokuraku

https://locabo.net/

 

「ロカボ」とは、Low Carbohydrateを略したもの、つまり低炭水化物という意味。

糖質の多い白米やパンなどの炭水化物を控えめにし、逆に糖質の少ない肉や野菜などのおかずを多くとろう、という食事方法です。

 

「おいしく楽しく適正糖質」それがロカボです。

糖質は三大栄養素の「炭水化物」に含まれていて、血糖値を上げる原因になっています。

適正な糖質摂取を心がけることで血糖上昇を抑えることができます。

(参照:https://locabo.net/about/

 

ロカボを推奨している「食・楽・健康協会」では、摂取する適正糖質を具体的に提唱しており、その糖質量は1食につき20~40g、間食は10g以下、1日合計で70~130g。

糖質以外のカロリーや脂質、たんぱく質などには制限はなく、この食事方法により、体重の減量・血中脂質の改善・血糖値の改善・血圧改善が望めるということです。

 

 

「ロカボ」な飲食店、増えてます!

既に食品メーカーなどでは「ロカボ」ブームが本格的に到来すると見込み、低糖質商品を続々と販売しています。

そして、飲食業界でも「ロカボ」をコンセプトにしたお店やメニューが増えてきています。

 

・Fusubon(フスボン)

ph_1

http://www.fusubon.jp

 

「ふすま」という小麦などの穀物の外皮や胚芽でつくられた“ふすまパン”を提供しているのはFusubon(フスボン)。

ふすまは小麦粉と違って糖質を多く含む胚乳が一切含まれていないため、「低糖質」であるそうです。

現在は、本店を代官山にかまえ、池袋や横浜、千葉市にも店舗を展開しています。

 

素材や製法、おいしさに徹底的にこだわって生まれた低糖質な“ふすまパン「フスボン」”はダイエット中の方や、糖質制限食を必要とされている方でも手軽に安心して食べていただける、カラダにやさしくておいしい“ふすまパン”です。

 

フスボン 代官山本店

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町23-8

営業時間:11:00 – 20:00 (不定休)

http://www.fusubon.jp/

 

 

・鹿屋アスリート食堂

kanda_02

http://www.asushoku.com/

「スポーツ栄養学」に基づいたバランスの良いメニューを提供する鹿屋アスリート食堂。低糖質向けのごはんが選べたり、糖分ゼロの焼酎も用意されているので、夜の宴会も健康に気を遣いながら楽しめる様子。

現在は、鹿児島に1店舗、東京に4店舗、そして系列店が大阪に1店舗あります。

 

鹿屋アスリート食堂の定食メニューは、選べる3つの主菜、汁物、ご飯で構成する「一汁一飯三主菜」。体質改善・健康志向に合わせて、必要な栄養素をバランスよく摂取することができます。さらにレシートで選んだメニューのカロリーや栄養素を確認いただけます。夜は、主菜と共にお酒を楽しむ「健康居酒屋」づかいもオススメです!

 

鹿屋アスリート食堂 品川シーズンテラス店

〒108-0075東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス1F

・月-金(昼)/ 11:00 – 14:30(L.O.)

・月-金(夜) / 17:30 – 21:30(L.O.)

・土(昼) / 11:00 – 14:30(L.O.)

・定休日 / 日・祝(貸切の場合は営業)

http://www.asushoku.com/shoplist/shinagawa/menu.php

 

そのほか、チェーン展開をしているファーストフード店やファミリーレストランでも、ロカボを意識したメニューが続々と増えてきました。

 

 

健康意識したお客様がリピーターに

Processed with VSCOcam with j3 preset

日々、健康的な食事をとろうと気にされているお客様にとって、外食は楽しみな反面、ちょっぴり心配になってしまうもの。

しかし、健康志向で美味しいメニューがあれば、そのようなお客様が日常的にお店を利用してくださる可能性が大いにあるでしょう。

 

専門店までいかずとも、一部お店のメニューに「ロカボ」を意識したメニューを扱うようになったお店も増加中です。

 

まずは、常連のお客様に健康的な食事へのご興味をお伺いしてみましょう。

お店を利用されるお客様のなかで健康を気にされる方が多くいらっしゃったら、是非「ロカボ」メニューをお店で検討してみてはいかがでしょうか。