『酒林』って知っている?! - 居酒屋にある茶色球の正体!

タグ: ,

c0196076_2235186

http://gejideji.exblog.jp/13147132/

 

居酒屋おなじみのインテリアといったら、提灯(ちょうちん)や暖簾(のれん)が代表的。

現在でも居酒屋業態のお店で、それらが思い思いに飾られています。

 

そんな居酒屋の玄関に、提灯や暖簾のみならず、スズメバチの巣のような茶色の球を目にしたことはないでしょうか?

なかには傘がかけられているものや、しめ縄が巻かれているものもあったりします。

特に日本酒の品揃えが充実したお店にあるはずです。

138132709088029694226

http://asachio.at.webry.info/201310/article_8.html

 

さて、みなさんはこの球の正体をご存じでしょうか?

 

 

名称は「酒林」!

「酒林(さかばやし)」という名称で、杉の葉を束ねて丸く球状にしたものです。

この球は元々飲食店の縁起物として飾られていたわけではなく、秋に収穫されたお米を使って新酒が完成したことを、酒蔵や酒屋が報告するために毎年年末頃に飾っていたものなのです。

 

実はこの酒林、毎年交換されるため、作りたての状態はキレイな緑色の球。

茶色になったのは杉の葉がかれてしまっただけ。つまり、茶色い酒林が緑色のものに変わっていたら、新酒が出たというサインだったのです。

dsc_0788400

 

 

なぜ杉なのか?

実は日本酒と杉とは深~い関係があります。

今となっては科学的な素材でつくられているお酒の保存容器ですが、明治時代以前は材質が柔らかく殺菌効果もある杉で作られていたそうです。

column_1_pic_1

http://web1.kcn.jp/woodbase/_column/column_no1.html

 

 

こんな可愛い酒林も!

丸い球体上の酒林がほとんどですが、なかにはユニークな形の酒林をつくっていらっしゃる方も。

もはやアート作品と化している酒林をご紹介いたします。

 

img_0

http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/50096777.html

キャラクターがとてもリアルに表現されています!本物みたいです!

 

 

img_1

http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/50096777.html

いい子に腰かけていますね(笑)!

 

 

img_4

http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/50096777.html

愛嬌のある酒林です!緑色よりも茶色の方が似合いますね!

 

 

img_10

http://blogs.yahoo.co.jp/h_yossyan/21857300.html

二匹のフクロウが並んでいます!もはやオシャレなインテリア!

 

 

当たり前にあるものの由来

今回ご紹介した「酒林」のように、当たり前のように見たことがあるけれども実際の正体を知らなかったりするもの、結構あったりするのではないでしょうか?

日々アンテナを張り、「これってなんというのだろう?」「なんでこんなかたちなのだろう?」「なんのためにあるのだろう?」など疑問を投げかけ調べてみると、意外と面白い情報がキャッチできるかもしれません。

 

色々なことを知っていれば職場やお客様との会話を弾ませるきっかけにもなります。

是非、日頃から身の回りの何気ないものに興味を持ち、調べてみる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。