【飲食店向け】9月の限定企画 ― 行事・記念日をまとめました

8月も終わり、9月にはいりますね。暑い夏もいよいよ折り返し地点です。

まだまだ暑い日が続いていますが、これからだんだんと気温も落ち着きはじめ、日が短く、夜が長くなっていきますね。

 

今回は、来月の集客イベントを考案される際の参考になるように、9月行事・記念日をまとめてみました。

 

 

9月の行事・記念日

お月見

dad65ca43a4080af3b1cb4602db5117f_s

お月見とは、毎年旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事のことをいいます。

特に美しく満月が見えるのが9月中旬〜10月上旬といわれており、この日を「十五夜」、見える月を「中秋の名月」と呼んでいます。

一説によると由来は、農作物の豊作の祈願、そして収穫の感謝をするためのようです。

 

今年2016年の十五夜は、 9月15日(木)。

可愛らしいお月見にちなんだメニューなど用意されたら、女性のお客様が喜びそうですね。

 

既にイベントや特別メニューを企画されているお店もありました。

 

 

・大人のお月見会/KIHACHI青山本店

無題

http://www.kihachi.jp/news/restaurant/restaurant_245.html

 

KIHACHI青山本店では、十五夜の9月15日限定イベントを開催するようです。

全館貸切で先着100名、このイベントのためだけのシェフ特別メニューが堪能できるようです。

 

『MOON NIGHT』

過去に開催したイベントでご好評をいただきましたお料理をはじめ、お月見からインスピレーションを受けたシェフ石川によるスペシャルメニューが登場する、全館貸切のお月見特別イベントを開催します。

(参照:http://www.kihachi.jp/news/restaurant/restaurant_245.html

 

 

・お月見セット/カフェオルオル

ff15576a66cc55db392bac6775d6c746

http://ovo.kyodo.co.jp/news/gourmet/a-824528

 

滋賀ホテル内の飲食店では、期間限定で中秋の名月フェアを開催。それぞれのお店でお月見に関するメニューを考案、販売するそうです。

施設内にあるカフェオルオルで提供されるのは、お月見団子と抹茶が楽しめる「お月見セット」。

 

爽やかな風が吹く琵琶湖岸沿いで、お月見団子とお抹茶を楽しめる。中秋の名月フェアでは、屋上で望遠鏡の無料貸し出しもあるから、もちろん美しい満月も堪能できるし、(省略)お月見メニューが期間限定で楽しめる。

(参照:http://ovo.kyodo.co.jp/news/gourmet/a-824528

 

 

敬老の日

bbf654ed7e2263bc5cf3f1178a9bd60b_s

敬老の日は、多年にわたり社会に尽くしてくださったご老人の方々を敬愛し、その長寿を祝う趣旨で定められた、国民の祝日のひとつ。

 

毎年9月の第3月曜日に設定されるため、今年2016年は9月19日(月・祝)となります。

お年寄りの方がいらっしゃるご家族が、みんなで気軽にお食事にきてくださるキャンペーンなども喜ばれそうです。

 

この記念日に関しても、既にイベントを用意されているところがありました。

 

 

・「敬老の日」レストラン特別プラン/オリエンタルホテル東京ベイ

d16207-86-396648-1

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000016207.html

 

東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテルのオリエンタルホテル東京ベイ内にある3つのレストランで、2016年9月1日(木)~9月19日(月・祝)の期間「シルバーマンス」プランが実施されるとのこと。

4名様以上でランチブッフェおよびディナーブッフェにご来店していただいた場合、そのうち65歳以上の方の料金が、なんと「650円」になるというものだそう。(割引人数には制限あり。)

 

<おじいちゃん、おばあちゃんのお食事が お1人様 650 円>に!

4名様以上のご利用で「65歳以上のシニアの方」2名様までのご優待となります

(参照:http://www.oriental-hotel.co.jp/information/entry000202.html

 

秋分の日

634a96e33627116f525508b6e4bf359a_s

秋分の日は、昼夜の長さがほぼ等しくなる日。

祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶために設定された日本の国民の祝日の一つです。

 

日付は『暦象年表』という、天文学を研究する日本の研究所「国立天文台」が作成した小冊子によって決定され、今年2016年は9月22日(木)になります。

 

秋分の日の定番というと、おはぎや草餅などを用意してお供えすることでしょうか。

イベントや限定メニューというような企画は立てにくい記念日だと思いますが、季節が移り変って秋がスタートということで、この日から秋の食材を使ったメニューを先取りしてみるのも良いかもしれません。

 

 

何かを「限定」してみよう

ご紹介したお店の企画のように、テーマとなる日を決め、メニューの提供期間やサービス対象のお客様を「限定」してみることで、イベントをつくることができます。

 

そして、大事なのは早めのPR。

たくさんのお客様に楽しみにしてもらえるよう、来ていただいたお客様に告知したり、各種ツールでのお知らせを忘れずにしておきましょう。