飲食店はトイレが命! - いまや「キレイなトイレ」はお店選びの必須条件。

2fc0702c27b7d21affca1371abaf7348_s

お客様に愛される飲食店の要素。

気が利くスタッフ、美味しいお料理、おしゃれな内装…と、たくさんのものが挙がると思います。
そのなかで忘れてはいけないものが、「キレイなトイレ」。

皆さんのお店では、どのようにトイレの衛生管理をしていますか?

 
なかにはトイレ掃除を苦痛に感じる方も少なくないと思います。

しかし、お客さんはお店のトイレがキレイであるかどうかを、実は結構重要視しているんです。

 

 

約8割の人が「お店のイメージがよくなる」

TOTOが2013年8月に行った『飲食店トイレについての意識調査』というレポートがあります。

 
この調査のなかでは、「あなたは、飲食店のトイレがきれいだとどのように感じますか?」という質問に対して、なんと約8割の人が「お店のイメージがよくなる」と回答していました。

 
お店のトイレがキレイということは、多くのお客様にとってお店のイメージアップとなり、再来店へ繋がるきっかけにもなっているのですね。まさに良いことづくしです。

pht02_01

参照:http://www.toto.co.jp/company/press/2013/12/02.htm
また、このような興味深い調査レポートもあります。

 
空間プロデューサー・ビジネスコンサルタントの氏家秀太さんが、2014年4月に独自で調査されたという『飲食店における女性客の化粧室利用方法調査』。

飲食店を利用中の女性300名に対し、「飲食店のトイレの用を足す以外の利用法はなんですか?」という質問をしたところ、下記のような結果になったとのことです。

 

女性客のトイレ利用法トップ10

1位:化粧・化粧直し(533P)

2位:メール(192P)

3位:ストッキング替え(189P)

4位:着替え(182P)

5位:考え事(124P)

6位:休憩(121P)

7位:トイレ内広告を読む(94P)

8位:電話(89P)

9位:スマートフォンでインターネット(88P)

10位:薬を飲む(67P)

引用:http://biz-journal.jp/2014/05/post_4846.html

 

結果から分かるように、もはや飲食店のトイレは用を足すためだけのものではなくなっているようです。

 
確かに、お化粧直しをしたり、食事の席から離れて仕事のメールをチェックしたりする目的で、トイレを利用する人をたくさん見かけます。
つまり、飲食店のトイレの清潔さや利用しやすさは、女性のお客さんにとってお店選びの必須条件になってきたともいえるのではないでしょうか?

 
では、具体的にどのような点に気を付ければ、キレイでおもてなし感のあるトイレが提供できるのでしょうか。

 

 

お客様に喜ばれるトイレ管理

そこで、お客様に喜ばれるトイレ管理のポイントをまとめてみました。

もうすでに実践されているお店も多くあるかとは思いますが、振り返りの機会になれば幸いです。

 

①1日のトイレチェック時間を決める(複数回)

0c62dc31-s

http://blog.livedoor.jp/zumijohn-toilechelin/

 

閉店後や開店前にキレイにお掃除をしたとしても、数時間お客様に使われ続ければ汚れてくるものです。

あらかじめ1日のなかでトイレチェックする時間、担当者を決めておいて、忘れずにチェックを続けることがオススメです。

もちろん決められた時間以外も、余裕がある時はチェックにいく習慣がつけられると◎。

 

 

②におい対策を施す

o

https://www.yelp.co.jp/biz/

 

いくら見た目がキレイでも、悪臭が漂うトイレは厳禁。

消臭効果のあるグッズを用意したりして対策しましょう。

この点についてユニークなのは、人気カフェのスターバックス。『コーヒー豆を生かすリサイクル脱臭剤』というものを置いている店舗もあります。

 

 

③清掃用具は見えないように

a0201116_15133315

https://iemo.jp/photos/156757

 

キレイにするための清掃道具はお客様から見えないようにしましょう。

清掃用具をしまうためのスペースを確保するのが1番ですが、なければインテリアに合うオシャレな布などで目隠しするのもアリ。

用具がいくらオシャレでも、お客さまが見えるところには置かない方がベストです。

 

 

④荷物かけやポーチ置き場の確保

リヨン無料公衆トイレ%20(4)

http://tokuhain.arukikata.co.jp/lyon/2014/10/post_53.html

 

特に女性のお客様が飲食店に求めているのは、荷物かけ(置き場)とお化粧ポーチ置き場。

用を足している間や手を洗っている時に汚れないような位置に用意しましょう。

女性でも、見た目以上に重い荷物を持ち歩いている方も少なくないので、荷物かけは頑丈に設置しましょう。

 

 

⑤アメニティを用意する

img_0

http://blogs.yahoo.co.jp/atta_yh/folder/500672.html?m=lc

 

先の4つの項目よりも予算がかかるので優先度は低くなりますが、できるならばアメニティグッズを用意しておくと、さらにお店のおもてなし感をお客様に伝えることができます。

喜ばれるのは、お化粧直しにつかうような綿棒やあぶら取り紙。また爪楊枝も、食事の席では恥ずかしくて手が出せない方がトイレで使うことができるので、喜ばれます。

 

 

トイレがお店全体の清潔感を決めてしまう!

いくら内装にこだわったオシャレなお店であっても、絶品料理を提供しているお店であっても、トイレが不清潔であれば、そのお店全体の清潔度に不信感を抱かれてしまいます。

これは非常にもったいないことです。

 
①~④は清潔感を保つために必須事項ですので、できていないお店はすぐにでも検討してみてください。⑤については予算がかかるので、お店のなかで相談して決めてみてくださいね。

 
トイレはお店の広告のひとつであるということを忘れずに、過ごしていきましょう。