2016年夏のトレンドは「飲むケーキ」! - 話題となった3つの理由とは?

2016年夏、さまざまなニュースで今年の夏は猛暑の予想と報道されていますね。

なんとも、2014年から続いていた、冷夏そして暖冬になるエルニーニョ現象が終焉を迎えるからとのこと。実際、既に各地の最高気温は高い数値が続いていますね。

 

そんななか、多くのカフェやスイーツ店でこの夏新商品として打ち出されているのは、なんと「飲むケーキ」

飲食人のみなさんは、もうお試しになられましたか?

 

 

続々と登場!飲むケーキ

 

ベイクド チーズケーキ フラペチーノ®

20160518cheesecake

https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2016-1666.php

 
スターバックスコーヒージャパン株式会社が6月1日~7月1日の1ヵ月間発売していたのは『ベイクド チーズケーキ フラペチーノ®』。

「ドリンクなのに食べごたえがあって美味しい!」とSNSでも大評判。暑い日でもゴクゴクと最後まで飲みきれるよう作っているそうです。

 

チーズケーキの味わいをベースにしたフラペチーノ®に、一般的なベイクドチーズケーキの下地として使われるグラハムビスケットをクランチ状にして混ぜ込み、仕上げに天面の焼き目をイメージしたオリジナルのホイップクリームをトッピングした、まるでベイクドチーズケーキそのものを味わっているかのように楽しむことができる、初夏限定のフラペチーノ®です。

(参照:https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2016-1666.php

 

 

カップケーキシェーク

lolasdrink_01

http://www.fashion-press.net/news/23682

 

イギリス・ロンドン発のカップケーキブランド「LOLA’S Cupcakes/ローラズ・カップケーキ」からも、2016年6月8日より「ローラズ・カップケーキ東京」にて”飲むカップケーキ”が発売されました。暑い季節でも楽しめるよう、カップケーキの味そのままがシェークになっているようです。

 

「カップケーキシェーク」は、カップケーキが丸ごと1個入った、飲むカップケーキ。3種のフレーバーは、オレオクッキーの食感と風味を楽しめる「クッキー&クリーム」と、シンプルで濃厚な味わいの「バニラ」、ロンドンと東京で一番人気の「レッドベルベット」だ。

また、2016年6月10日(金)からは、新作「ミント・チョコレート」のカップケーキが発売。

(参照:http://www.fashion-press.net/news/23682

 

 

ケーキ イン シェイク

coldstone_add_02

http://www.fashion-press.net/news/23901

 

注文したその場で、お店のスタッフが歌いながらアイスを作ってくれることで有名なコールド・ストーン・クリーマリーからは、2016年6月1日より、全国の店舗で「ケーキ イン シェイク」が発売開始。

人気のアイスクリームケーキがワンカット丸ごと入ったデザートドリンクということで。注目されています。

 

なめらかな口どけのオリジナルアイスクリームケーキを使ったドリンクの上に、ホイップクリームを絞り、よりクリーミーに仕上げた「飲むアイスクリーム」です。

(参照:http://www.coldstonecreamery.co.jp/news/2016/0601_000721.php

 

ご紹介した3ブランド以外にも、チーズタルト専門店のパブロマクドナルドなどからも、飲むケーキがコンセプトの商品が新発売されています。

 

どの商品も、従来からある「シェイク」では?とも思いもしますが、クランチビスケットやケーキそのものがはいってたり、ケーキの味そのものに近づけているドリンクということで、新しいかたちのスイーツドリンクといったところでしょうか。

 

もちろん味が評価されることは大前提ですが、しかしなぜ、これほどにも話題にあがるようになったのでしょうか?

 

 

話題になった3つの理由

 

・ネーミングやレシピの目新しさ

「飲むケーキ」と名付けられていたり、ケーキがそのままはいっているといったようにレシピが斬新だったりと、その商品のことを聞いたときに「どんな商品なんだろう?」と気になってしまうことが、まずひとつの理由です。

これがもし「新しい味のシェイクです!」とだけPRされてたとしたら、ここまで話題にはならなかったでしょう。

 

 

・夏限定、夏オススメ

提供期間が限定されていることで、多くの人の購買意欲は大いに上がります。

また、夏にオススメの商品ということで暑い時期にスッキリ味わえるようになっており、今の時期の食のニーズに答えているということが、理由のひとつです。

 

 

・SNS映えするビジュアル

理由の3つ目は、やはり写真栄えがすることです。

ただ単に液体だけのドリンクということではなく、クリームやトッピングなどでデコレーションされていたり、ドリンクカップ自体がオシャレなデザインだったりと、思わずSNSに投稿したくなるようなビジュアルであることが話題にあがった背景として大いにあると思います。

 

 
今の時期に食べたくなるという多くの人のニーズが汲み取られ、気になるネーミングとインパクトあるビジュアルを兼ね備えた商品は、世間の話題にあがる条件のようですね。