外国人観光客の対応に備えておくべき3つのこと ー 準備万端で感動のおもてなしをしよう!

12247977_10153775615534577_5377129343427450999_o

http://giftstotheearth.com/

日本を訪れる外国人客は年間1,340万人以上!!

年々増えている訪日外国人客は2014年に過去最多の1,340万人を超え、その勢いは止まることはありません。2020年にはオリンピック開催も決定し、日本はさらに外国人観光客の注目の的となっています。

 

彼らが日本に来て、必ずと言ってよいほど利用するもののひとつが飲食店です。日本独自の美食やおもてなしの文化に触れることを楽しみにしています。

f3bf3f308449f55e3c5f91f4151721dd_s

しかしながら日本の風習が分からなかったり、お店のスタッフとうまくコミュニケーションがとれないことで、不満を抱えてしまうケースも多発している様子。

 

具体的にどのようなことで外国人観光客は不満に思ってしまうのでしょうか。

 

1位は「外国語サービスが少ないこと」

無題

2014年3月の日経MJの調査『訪日外国人による「おもてなし」不満ランキング』をみてみましょう。

まず、多くの不満は「外国語サービスが少ないこと」にあるようです。3位と4位に挙がっている「飲食店の食券システムがわからない」「飲食店で食べ方を教えてくれない」も同様に、外国語でのコミュニケーション不足につながる不満でしょう。

加えて、2位の「無料Wi-Fiの設備が遅れている」や5位の「現金しか使えない店が多い」については、設備の問題ですね。

 

つまり、これらの課題解決が準備されていれば、外国人観光客の方々も気持ちよくお店を利用してくれるでしょう。

今回は、外国人観光客に対して飲食店が備えておくべき3つのことをご紹介いたします!

 

 

1.英語のメニューや召し上がり方パンフレットを用意しよう!

20150101_02_3

http://privacy.hamazo.tv/

英語がペラペラで会話ができる方でしたらスムーズにコミュニケーションがとれるでしょうが、スタッフ全員が英語を話すことができるお店というのはほんの一握りなのではないかと思います。

仮に英語が話せたとしても、お店が忙しい時に特定のお客様に付きっきりでご案内をしているわけにはいきません。

 

そんな時のために、事前に外国人客対応用に英語のメニューを用意しておくことがオススメ。

英語のメニューには料理の写真多く掲載することが特に大切。アレルギー食品や税込、サービス料の記載もお忘れなく。注文が明確になるようメニューに番号を振っておいたり、召し上がり方を記載しておくのも手です。

 

 

2.クレジットカード決済の導入しよう!

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s

外国人客の方々のほとんどはクレジットで済ませることがほとんどです。クレジットカードが使えるかどうかを条件に飲食店選びをしている人も少なくありません。

もしあなたのお店が現金払いしか受け付けていないようでしたら、多くの外国人観光客の方々に利用することを諦められてしまうかもしれません。

 

しかし、クレジットカードの導入にあたっては審査があったり手数料がかかってきたりするので、よく検討しましょう。

 

 

3.wi-fiの設置しよう!

82b29824af2c0243431bbd264d6cc96b_s

海外の飲食店は無料wi-fiを設定しているところが多数あるため、日本で気軽に利用できないことを不便と感じています。また、外国人観光客にとどまらず、現代の日本人も街中でwi-fiが利用できる環境を重宝しており、無料wi-fiが利用できるお店を探すためのアプリも出ているほどです。

 

もちろんお店のコンセプトによって導入が好ましくないケースももちろんあると思いますが、カフェ業態などお客様にゆっくりくつろいでいただきたいというお店は、導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

 

もちろん簡単な英会話はできるようにしましょう!!

7c499bf8c66c78d9448425b2ab96d1d4_s

以上、3つの提案をいたしました。どの対応策も多少なりとも出費が絡んできますが、価値あるツールになることでしょう。是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

しかしながら、これで外国人観光客の対応準備は万端!…というわけにはいきません。

 

やはり「おもてなし」の基本は人と人とのコミュニケーション。英語で簡単なコミュニケーションはとれるよう、訓練していきましょう!

 

以前『1日たった5分で英語接客が上達する方法とは? ー スキマ時間に勉強できる英会話アプリ3選!』の記事でもお伝えしましたが、英語は少しの時間でも構わないので、毎日触れることが大切です!

日本を代表するあなたのお店が、多くの外国人観光客を感動させてくれることを願っています。

 

参考資料

年別 訪日外客数, 出国日本人数の推移

http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/pdf/marketingdata_outbound.pdf

おもてなし「ニッポンのココが残念」 外国人100人に聞く

http://style.nikkei.com/article/DGXZZO66730540T10C14A2000000

「イノベーション」しなくちゃ、明日はない!

http://privacy.hamazo.tv/e5942050.html